メキシコ

メキシコ旅行の安全性を高めるために気をつけたい7のポイント!

メキシコ旅行中は泥棒や犯罪の標的になることもありますし、異なる環境や気候から体調を崩す恐れもあります。ここでは、快適なメキシコの旅を楽しむために安全性を大幅に高める簡単な7つの方法をご紹介します。

メキシコ

◆路上タクシーを避けましょう。

メキシコシティでは、路上タクシーを避けるようにしてください。ホテルでタクシーを呼んでもらいましょう。また、タクシーに乗車した後、タクシー番号とドライバーの名前をメモします。メキシコシティをはじめ、他の主要都市の空港、バス停、駅で認可されたタクシーを利用することを心掛けてください。

◆基本的なスペイン語を覚えておきましょう。

リゾートエリアでは、ほとんどの人は少なくともある程度英語を話しますが、

「Donde esta el bano?(トイレはどこですか?)」

といったスペイン語のフレーズを知らないと困ることがあるかもしれません。事前に基本的なフレーズを練習しておくに越したことはありません。

◆水道水を飲まないようにしましょう。

水道水が浄化されていることがホテルの看板に書かれていない限り、水道水を飲まないようにしましょう。ペットボトルのミネラルウォーターを購入する必要があります。街角のいたるところで安く購入できます。また、ほとんどのホテルではボトル入り飲料水を提供しています。

◆「モンテスマの復讐」とは?

「モンテスマの復讐」という言葉を聞いたことはありますか? アステカ帝国のモクテスマ2世の名にちなんだ「モンテスマの復讐」とは・・・「下痢」のことです。メキシコ旅行中にかかる最も一般的な病気の一つです。

通常、汚染された水や食物の中の細菌が原因です。不適切な食品の取り扱いや保管、不十分な下水処理が原因の場合もよくあります。露店やレストランでの食事の際には食品についている水に気を付けてください。

◆日焼け止めを使用しましょう。

旅行に出発後すぐに日焼けし過ぎてしまうと、その後、常に不快な思いをしながら旅行することになります。 将来的に皮膚癌発症リスクを高めることにもなります。メキシコでは日差しが非常に強いので、ビーチに以外の場所でも日焼け止めを使用しましょう。曇った日でさえ日焼けすることを忘れないでください。

◆詐欺に用心しましょう。

ビーチリゾートエリアでは、タイムシェア(リゾートマンションなどを利用して、一定期間のレンタル料を支払うシステム)の説明会に勧誘されることがあります。正規のものもありますが、タイムシェアに本当に興味を持っている場合を除き、タイムシェアの勧誘を避けましょう。無料の食事や無料ツアーにも気を付けましょう。

◆オープンマインドを心掛けましょう!

海外旅行の楽しみの一つは異文化に触れることです。異文化の異なる習慣や価値観を評価するのではなく、体験として学ぼうとすることで、現地の人々との交流も一層楽しいものになるでしょう。

管理人運営のサイトの紹介

当サイト管理人のMariが運営する引っ越しと六曜、風水の関係をまとめた、ちょっとスピリチュアルなサイトです。引っ越しを検討中の人は、縁起の良い日がいつか、ぜひチェックしてみてください!
http://www.xn--n8jub9a7a1980cdtifl4c0ts.com/
引っ越しに縁起の良い日。暦やカレンダーから吉日と日取りを選ぶ!

暦や方角などいろいろな面でまとめているので、女性だけでなく、男性も楽しめるはずです。

メキシコシティ

メキシコの都市~ユネスコ世界文化遺産の都市を訪れよう

メキシコにはユネスコ世界文化遺産に指定されている都市が数多くあり、これらの都市では植民地時代の豪華な建築が訪れる人々の目を楽しませてくれます。また、賑やかな市場でのショッピングや伝統的な年間行事も楽しめます。

メキシコを訪れたらユネスコ指定都市を巡り、メキシコの魅力を再発見してみませんか?

◆メキシコシティ

メキシコシティ

メキシコの首都、メキシコシティは世界最大の都市の一つであり、アメリカ大陸で最も長い植民地の歴史を持つ都市の一つです。まず1300年代にアステカ人が街を築き、その後、1500年代にスペイン人が到着した際にアステカの首都テノチティトランの廃墟にメキシコシティを築きました。観光やショッピングス、エンターテインメント が充実しています。

◆カンペチェ

この港湾都市は、1540年に築かれました。17世紀には、海賊による攻撃を防ぐため城壁が建てられました。この要塞都市では、植民地時代のパステル調の建物をはじめ、石造りの壁やゲート、要塞が見られます。

◆グアナフアト

グアナフアトの曲がりくねった地下の道や複数の小さな広場のある植民地時代の銀鉱山の街です。親近感が感じられます。活気に満ちた学生の街でもあり、セルバンティーノのお祭りが毎年10月に開催されます。この街はメキシコの画家ディエゴ・リベラの出身地であり、現在、彼の家が博物館になっています。

◆モレリア

エレガントな街であり、植民地時代の建物の多くはピンクの切り出し石で作られています。モレロス州の首都モレリアはもともとバリャドリードと呼ばれていましたがが、その後、メキシコ独立時の英雄ホセ・マリア・モレロスデ・パボンの名前にちなんで改名されました。モレリアをメキシコのお菓子の街と思っている人も多いようです。ムセオデルドゥルセ(キャンディ博物館)はモレリアでは見逃せない観光スポットです。

◆オアハカ

オアハカ市と近郊の遺跡モンテアルバンはユネスコ世界文化遺産に指定されています。1642年に設立されたオアハカ州の首都オアハカは、スペイン植民地時代の都市計画の優れた事例であり、街の建築物は地震多発地域に適応した造りになっています。モンテアルバンは丘の上の古代都市であり、サポテカ人の首都でした。

◆プエブラ

プエブラは、メキシコの大都市の一つですが、その歴史的な中心部は徒歩で簡単に探索することができます。メキシコシティから車で数時間の場所にあり、ポポカテペトル火山とイスタクシワトル火山の近くの高原に位置しています。プエブラには、植民地時代の宗教的な建築物、16世紀の大聖堂や大司教の古い宮殿などの洗練された建物のほか、タイルで覆われた壁のある家々が見られます。プエブラの歴史的中心部でヨーロッパとアメリカのスタイルの融合から生まれた美学を楽しめます。

ティファーナ

メキシコとアメリカ国境の街・ティファナ~食と文化の街

メキシコとアメリカの国境の街・ティファナは、かつては犯罪多発地帯でしたが、現在、食と文化の街へと変貌を遂げました。ティファナはカリフォルニア州サンディエゴから電車と徒歩でわずか40分ほどということもあり、毎年数百万人の観光客が訪れ、メキシコ北部では観光客の最も多い街となっています。

◆独特な街、ティファナ

ティファーナ

国境の街ティファナをメキシコの典型的な街と思ってはいけません。ティファナは、メキシコの他の地域から来るメキシコ人でさえ、外国人と同じようにまごつき戸惑う街です。どちらかというと225km離れたロスアンゼルスの延長と考えた方がよいかもしれません。

ロスアンゼルスもカリフォルニア州がメキシコの一部であった時代にスペイン人によって建設された街ですから、印象が似ていて当然でしょう。

しかしながら、隣接するアメリカ側の国境の街サンディエゴとは全く違います。

サンディエゴはカリフォルニア州の中でも優雅で整然とした街です。国境によっては国境地帯の文化や景観に連続性があり、知らないうちに超えてしまう国境も多々ありますが、サンディエゴとティファナの国境越えは、まるで異次元に移動したかのように強烈な印象を受けます。

◆1泊して午前中に街を観光

アメリカからティファナを訪れる場合、ほとんどの人は午後から夕方にかけてショッピングを楽しみ、その後、レストラン、バー、ナイトクラブで楽しい時間を過ごします。数時間以上滞在するのはほんの一握りの観光客です。

しかし、多くのホテルがありますので、特定の時間に国境を越えてアメリカに戻るより、暗くなってから自由にナイトライフを楽しみ、日が昇ってからティファナの街を観光すると、午後のティファナとは違う体験ができます。

◆美食家のユートピア

国際的に評価の高い料理学校の卒業生による創作料理がティファナの食文化を多彩なものにしています。さらに、クラフトビールがサンディエゴに大きな影響を受けて成長を続ける様子は、世界的に有名なビールのメッカと言っても過言ではありません。

そして、地元の新鮮な素材を用いた革新的なメキシコ料理「バハ・メッド」(メキシコ料理、アジア料理、地中海料理のフュージョン)も楽しめます。ワインの産地として有名なヴァッレ・デ・グアダルーペ(メキシコのナパバレーと言われる)まで車で1時間です。

◆ティファナの旅行プラン①

ゾナセントロのアベニーダ・ニンニョ・セロエースとセカンド・ストリートの交差点にある大聖堂の隣のメルカド・ムニシパル(かつて刑務所であった場所)で朝食のチラキレスをとります。

または、ゾナリオのサンチェスタボアーダ大通りにある市内最古のオープンエアマーケット、メルカドミゲル・イダルゴでオアハカスタイルのウイトラコチェ・オムレツという選択もあります。

◆ティファナ旅行プラン②

ティファナで最も古い情緒あふれるカチョ(Cacho)周辺のダスコルテスやラ ステションなどのカフェでグルメコーヒーとペストリーを楽しみます。その後、街で最も古い緑地地帯、テニエンテゲレロパークを散歩します。これは、ダウンタウン西部の郊外、サード・ストリートとアベニーダシンコデマヨにあります。

または、市内にある多くの美術館の一つである、ゾナリオのパセオ・デ・ロス・ヒーローズにあるCECUTを訪れてもよいでしょう。

カンクン

メキシコ、美しいビーチの国~カンクン他、5大ビーチをご紹介!

メキシコ旅行といえば最初に思い浮かぶのはビーチ、そして、メキシコのビーチというとほとんどの観光客はカンクンをあげます。しかし、メキシコには様々なタイプのビーチがあり、それぞれのビーチで違った体験ができます。

マリーンスポーツを楽しむダイナミックなビーチ、パーティーで賑わう華やかなビーチ、ファミリーで過ごす穏やかなビーチ、手つかずの自然が残るロマンチックなビーチ…。

それらの中から、ここではメキシコを代表する5大ビーチをご紹介します!

◆カンクン

メキシコのビーチのうちおそらく最も有名です。ユカタン半島にあるパーティー街、カンクンは多くの旅行者を魅了してきました。

カンクン

カンクンは美しい街として紹介されますが、多くの外国人はホテルゾーンのみで観光を終え、カンクンの街を知りません。ホテルゾーンに並ぶ大型ホテルの多くは、ホワイトビーチへの独自のアクセス権を持っていますが、これらのホテルに宿泊する場合を除き、ビーチへのアクセスは非常に限られています。

カンクンはイスラムヘーレスやトゥルムなど、他のリゾートビーチに移動するのに最適な場所でもあります。

◆プラヤデルカルメン

カンクンの空港からわずか30分、プラヤデルカルメンはカリブ海沿岸にある小さな町です。カンクンとプラヤデルカルメンのどちらが良いかと聞かれれば、絶対後者をおすすめします。

プラヤデルカルメンでは、高級ホテルに宿泊しなくても広くビーチを利用できます。また、パーティーが大好きであれば間違いなくお勧めの場所です。シカレのようなダイビングスポットも近くにあります。

◆シカレ

リゾートビーチであり、入場料が必要です。これには、ビュッフェランチ、シュノーケリング、美しい森のボートツアー、メキシコの歴史や文化について知ることができるナイトショーが含まれています。

◆アカプルコ

60年代の有名な曲「アカプルコ」でよく知られている海辺の街は、おそらく行楽地としてメキシコシティの人々に最も人気のあるリゾートです。一人で行くのではなく、多くの友人と週末に訪れる方がよいでしょう。外国人の場合であればなおさらです。ジェットスキー、シュノーケリング、クラブ、レストランでの夕食など、かなり楽しめます。

パーティーに参加したいのであれば、プエルトビエホ地区のビーチホテルに滞在しましょう。パーティー愛好家であれは、アカプルコディアマンテ地区の素敵なスイートに宿泊することでアカプルコの夜をより一層楽しめます。

◆プエルトバジャルタ

メキシコ国内の観光客よりもアメリカからの観光客が年々増え続けているビーチリゾートです。アメリカよりもプエルトバジャルタで結婚式を挙げる方が予算を抑えることができるため、エキゾチックなプエルトバジャルタで結婚式を挙げる外国人カップルも少なくありません。

プエルトバジャルタではビーチ以上にナイトライフが非常に充実しています。ダンスやお酒を楽しめるクレイジーなバーやクラブが数多くあります。

タコス

美食の国・メキシコの料理~旅行で訪れたらこれを食べよう!

メキシコ料理の中でもタコスは日本でも割と知られていますが、その他のメキシコ料理はまだ日本ではなじみが薄いのではないでしょうか。

実のところ、メキシコはビーチだけでなく、食文化の点でも人気の高い観光地なのです。

そこで、最低限おさえておきたいメキシコ料理を以下にご紹介します。旅行でメキシコを訪れたらぜひお試しください!

◆タコスとエンチラーダ

メキシコのタコスはアメリカのブリトーのような固いカバーではなく、常に柔らかく、肉やサルサが中に入っています。一方、エンチラーダは、カリカリしています。オアハカチーズが中に入っていると最高です。オアハカチーズは、長いリボンの形で黄色がかったホワイトチーズです。

◆ゴルディタス

タコスとエンチラーダの中間的なものとしてゴルディタス(gorditas)があります。通常、厚い小麦粉生地で、チーズ、ジャガイモ、マッシュルーム、ミートが包まれています。

◆ソペス

ゴルディタスに似ている料理としてソペスがあります。メキシコ版のピザのような存在です。厚いコーンのベース上に豆、固めのホワイトチーズ、肉、レタス、グリーンサルサがのっています。

◆タマレス

メキシコではコーンを避けて通れません。タマレスはコーンと自然の木の葉を組み合わせた料理です。通常、グリーンサルサ、鶏肉、甘いソースのセットがコーンペーストと木の葉に包まれています。

◆メキシコのデザート

最も人気のあるのは、明らかに長い揚げドーナツ、チュロスです。チュロ・レイェノはチョコレートなどでトッピングされたものが販売されています。スイートなスナックとしてはスウィンクルズ(Swinkles)が最高です。甘くスパイシーなゼリーです。

◆軽食

ナチョスなどの伝統的な軽食のほかに、トトポスがあります。トルティーヤを三角形にカットし、揚げてチップにします。トトポスが温かいときに、グリーンサルサ、タマネギ、スクランブルエッグ、チーズ、ミートと混ぜ合わせたものが、チラキレスと呼ばれる朝食です。トトポスが円形で、上にチーズ、サラダ、肉、豆がのっているものはトスターダスと呼ばれます。

◆虫料理

メキシコ人は虫(細長く足のない虫)を食べることでもよく知られています。そして、チャプリネス(Chapulines)というバッタは伝統的なスナックです。ぜひお試しください!

◆お酒

最初に思い浮かぶのはテキーラです。

そして、ほとんどの人が世界で最も有名なお酒の一つであることを忘れているカルーアもメキシコのお酒です。

甘いアルコール飲料に興味がないのであればコロナがいいかもしれません。しかし、ライムを添えたビン入りのコロナは期待できません。メキシコ人はコロナより、むしろネグラモデロまたはその他のビールを好みます。

ウォッカのファンはメスカルに挑戦してみましょう。中に芋虫が入っていることがあります。

次の記事では、メキシコの伝統的なお酒で、最近メキシコシティで人気急上昇の「プルケ」をご紹介します。

アガヴェ

メキシコのお酒「プルケ」を飲んでみよう!~人気急上昇の伝統酒

メキシコシティで人気上昇中のお酒「プルケ」を知っていますか?

「プルケ」はアガベ植物から作られているメキシコの伝統的なお酒で、味や食感はジュースに似ています。テキーラやメスカルもアガベ植物から作られていますが、「プルケ」はテキーラやメスカルとはまったく違う味です。滑らかで甘いです。飲み方は、縦長のグラスで楽しみます。

アガヴェ

プルケはメキシコの歴史の中で重要な位置を占めており、2000年以上メキシコで飲み継がれてされているお酒です。かつてプルケは司祭と上流階級のための非常に特別な飲み物と考えられていました。そして、しばしば神聖な儀式でも使用されました。

スペインの侵攻後、プルケが広く飲まれるようになり、19世紀には国内で最も消費されたお酒でした。

しかし、20世紀に入り、ビールの人気が上昇し、プルケは影を潜めました。そして、特に都市部では、貧しい人々の飲み物という汚名が着せられました。しかし、今、プルケはメキシコシティで人気が急上昇しています。

メキシコでは、スペインによる占領前の古代文明と未来の経済大国としてメキシコのビジョンとの間で常に綱引きが行われています。新しいプルケ居酒屋は、古いものと新しいものとの間の綱引きの象徴でもあります。この意味でもプルケはとても味わい深いお酒です。

メキシコはアメリカやカナダと同じように、新大陸発見後に建国された比較的新しい国ですが、一方でマヤ文明やアステカ文明などの古代文明が栄えた長い歴史のある国でもあります。この意味では、アメリカやカナダより文化的に豊かで、観光に適した国ではないでしょうか。

 

メキシコの流行に敏感であれば、ぜひ「プルケ」を試してみてください。複数のフルーツフレーバーから選択できます。

メキシコシティには数多くのプルケ居酒屋(pulquerias)が点在しています。プルケ居酒屋は新しい友達を作り、ダンスを楽しむ素晴らしい場所でもあります。メキシコシティ滞在中にぜひプルケ居酒屋を訪れてみてください。お勧めの居酒屋をご紹介します。

◆Pulqueria Los Insurgentes

市内最高のpulqueriasの一つです。トレンディなローマ周辺に位置し、そのエリアに多い豪華な内装ではありませんが、4階建ての建物はいつも満席です。各フロアでは異なったフレーバーのプルケを販売しています。イチゴやグアバのようなありふれたものからニンニクやセロリといった目新しい味まで様々なフレーバーを楽しめます。価格も手ごろで、すべてのフレーバーを試すこともできるでしょう。屋上テラスで飲むプルケは格別です。

◆Pulqueria La Risa

現在のトレンディなプルケとは違う、大衆の飲み物としてのプルケを感じさせてくれる場所です。アップルフレーバーのプルケをお勧めします。オーナーも気さくに話しかけてくれます。メキシコ旅行の後、友人にこの素敵なプルケ居酒屋のことを話したくなるに違いありません。

スペイン語

メキシコで生活するには~事前に理解しておくべき4つのポイント

メキシコの温暖な気候からメキシコに移住する退職者も多いですが、多くのビジネスマンも会社の出向のためメキシコで生活しています。アメリカ、イギリス、日本の企業がメキシコにオフィスや工場を持っていますので、スタッフがメキシコに出向することはかなり一般的です。この他にも様々な理由から多くの外国人がメキシコで暮らしています。

◆スペイン語を習得しましょう

スペイン語

メキシコで生活するには、まず日常会話レベルのスペイン語を習得する必要があるでしょう。英語は観光地や大きなホテル、リゾートおよび大都市の特定の場所で通じますが、残念ながら日常的な生活の場では通じません。

しかし、スペイン語はドイツ語やフランス語に比べると文法が比較的簡単で、発音も日本人には聞き取りやすく、会話を聞いた後、辞書で調べるとどの単語か判別できる場合が多々あります。英語は聞き取れないこともありますから、後で単語を調べることさえままならないことがよくありますね。

◆ゆったりとした生活のリズムを楽しもう

さて、日常生活ですが、一般的にメキシコの生活ペースは、隣国の米国やカナダの主要都市よりもゆったりしています。メキシコでは約束した時間に物が配達されませんし、約束した時間に担当者が現れません。

効率と時間厳守を期待される速いペースの消費志向社会で育った日本人は当初イライラするかもしれませんが、これがメキシコ文化の一部であることを理解すれば、リラックスしてメキシコのゆったりしたリズムを楽しめるようになります。

◆メキシコ人の愛国心と宗教

メキシコ文化は豊かな歴史を持ち、家族、宗教、伝統に基づいています。メキシコ人は自らの遺産を誇りに思っています。そして、より良いメキシコを築くためにすべきことが沢山あることを知っています。メキシコ人は、時にメキシコについて激しく批判するかもしれませんが、心の底では愛国的で誇り高い人々です。

また、メキシコ人は信仰深く、宿命を信じています。メキシコ人の多くは教会に通い、家庭、公共の建物、オフィス、車、タクシーやバスに十字架やイエス像が飾られていることもよくあります。

◆メキシコ人の性格は?

メキシコ人は非常に暖かく、友好的です。特に、小さなコミュニティでは温かく歓迎してくれるでしょう。メキシコ人は外国人に好意的で、外国の人々や場所について話を聞くのが大好きです。メキシコの社会や生活になじむように努力すれば、周りのメキシコ人はその努力に感謝してくれます。

そして何より、家族はメキシコ文化の礎石です。3、4世代にわたる大家族が午後のランチタイムにテーブルを囲み、談笑していることは珍しくありません。これは家族の日常的な光景です。週末には公園や美術館で一緒に余暇を楽しむ家族が多くみられます。

また、メキシコ人は質問にはっきり「イエス」「ノー」と言いません。これは、日常生活だけでなくビジネスにおいても同様です。米国やヨーロッパとは明らかに違います。何らかの確約は可能ですが、メキシコ流の約束です。

メキシコでは、「イエス」は「ノー」、「ノー」は「おそらくイエス」を意味する場合がよくあります。

少し日本人のコミュニケーションに似ていますね。日本人は割とスムーズにメキシコ流コミュニケーションに適応できるかもしれませんね。

英語

メキシコの英語事情~学費の安いメキシコで英語を磨こう!

アメリカに隣接しているにもかかわらずメキシコでは英語があまり通じませんが、その一方で、メキシコでは英語学習熱が非常に高いため、ベルリッツなどの世界各国で事業を展開する語学スクールが数多く進出しています。これを利用して、学費の安いメキシコで英語学校に通うというプランもいいかもしれません。

◆メキシコの英語事情

英語

メキシコでは約2400万人が英語を勉強しています。英語力の強化を目指す政府の計画によって英語学習者の人口は過去10年間に渡って拡大し続けており、メキシコは英語留学では18番目に大きい市場となっています。

メキシコの語学留学生の数は、2011~2013年の間に35%増加しました。しかし、メキシコはアメリカと国境を接しているにも関わらず、英語力が限られているという課題を抱えています。

メキシコ人の英語力は、ロシア、ウクライナ、スロバキア、ベトナムといった世界38カ国、さらには多くの中南米国諸国の中でも下位にランクされています。メキシコのある調査機関は、メキシコ企業では英語が取引を行う際の主要言語であるにもかからず、英語を話すまたは理解できるメキシコ人は人口の5%しかいないと報告しています。

しかし、メキシコ人の英語学習に対する関心は高まる一方です。

メキシコでの英語学習市場の規模は、民間機関から公立学校、個人レッスンに至るまであらゆるレベルおよびタイプの学習を含めて約2390万人であることがブリティシュ・カウンシルの調査で明らかになっています。これはメキシコの人口の約21%に相当します。

2009年に教育庁が PNIEBというプログラムを開始し、英語指導の大幅な強化を図りました。これは、小学校から高等学校まで英語授業を導入することによって公立学校の学生の英語力を高めることを目指しています。

PNIEBはインドでのプロジェクトの成功に基づき、まず350人の英語教員指導者を養成し、彼らが1万7000人の英語教員を指導しました。この英語教員が約80万人の学生を指導しました。報告書によると、プログラムは、現在、メキシコの公立学校の18%で導入されており、推定670万人の学生がその恩恵を受けています。

しかし、メキシコ政府は全国で英語を教えるという目標を達成するために80,000人を超える英語教員を追加募集し、指導する必要があります。 大学などの高等教育においては、公共機関、民間機関とも以前に比べて国際化しています。この傾向は1990年代から続いています。大学経営者は、学生が優れた研究成果を達成するための最も重要なツールの一つとして、また留学、共同研究、パートナーシップにおける重要なファクターとして英語をとらえています。現在、メキシコの大学のおよそ半数が英語コースを提供しています。報告書では、義務教育、大学の授業、個人指導を通じて英語が広く学習され、雇用機会を高めていることにも触れられています。

ダイバー

メキシコでボランティア~商港都市・マサトランがおすすめです!

メキシコをボランティアで訪れようと考えている人も少なくないかもしれません。メキシコにはたくさんの都市がありますが、それならメキシコ・マサトランのビーチのすぐ近くにあるホステルでボランティアをしながら、街の観光やマリーンスポーツを楽しみ、世界中に友達を作るというメキシコ冒険旅行はいかがですか?

マサトランは、メキシコ最大の商港都市であり、海岸沿いにはリゾートホテルが立ち並ぶ観光都市でもあります。
マサトラン

ビーチとサーフィンの街・マサトランにあるホステルでのボランティアに応募すれば、美しいビーチ、サーフィン、カヤック、釣り、新鮮なシーフード、プールサイドでのパーティなど、メキシコでの滞在を満喫できます。夜は、ダンス、美味しいお酒、ボードゲームやカードゲームなどで楽しいひと時を過ごせます。また、映画を上映する日もあります。

もちろん、このホステルには無料で滞在できます。また、ボランティア中は英語でのコミュニケーションが基本ですから英語の上達にもなりますし、メキシコの公用語であるスペイン語に触れる機会も多いでしょう。

例えば、あるボランティア募集サイトでは、このホステルでのボランティアを以下のような内容で募集しています。

◆ボランティアの特典

• スペイン語を練習できます(ボランティア中は英語中心)。
• メキシコ料理やサルサの作り方を習得できます。
• 最高のマルガリータの作り方を学べます。
• マサトランの歴史を学べます。
• 手ごろな価格の新鮮なシーフードレストランが街中にあります。
• 最長の散歩道マラコンを歩いたり、自転車で観光したりして美しい眺めを楽しめます。
• 多彩で多様なメキシコのバケーションを体験できます。
• 世界中に友人を作ることができます。

◆募集ボランティア

ボランティア

• シェフ
• 掃除補助
• 修理工
• 壁の塗装
• マッサージセラピスト
• 建築士
• 配管工
• 電気技師
• 機械工
• タトゥーアーティスト

※ 応急手当ができる方歓迎です。
※ 手が空いているときは他のボランティアを手伝うことになります。
※ 全スタッフが日常の簡単な清掃を行っています。
※ 技能認定クラスを履修して、技能認定を受ける必要があります。
※ 技能に関しては、インストラクターまたはプロレベルでなくてもかまいません。
※ メキシコ以外の料理(タイ料理、インド料理、アジア料理、フランス料理、イタリア料理、和食など)専門のシェフ歓迎です。
※ ボランティア期間は、最大15時間です(食事は含まれません)。

◆無料で利用可能な設備

• スタッフ専用ドミトリーのベッド
• ランドリー
• キッチン
• 自転車
• サーフボード
• 高速Wi-Fi
• 飲料水(メキシコでは水道水は飲めません)
• インターネットTV

◆無料のレッスン(インストラクターの経験があるスタッフやボランティアがいる場合)

• ヨガ
• 太極拳
• ピラテス
• サーフィン

◆エンタテイメント

• 深海ツアー
• ボディーボード
• バードウォッチング
• ウミガメツアー
• ホエールウォッチング
• 乗馬ツアー
• カヤック
• パラセーリング
• 島めぐりツアー

ダイバー

これなら満喫できること請け合いですね!メキシコでのボランティアをお考えなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

お仕事

メキシコで仕事を探すには~必要とされる人材と就職活動について

メキシコで仕事をしてみたい。そんな願いを叶えるには一体どうすればいいのでしょうか?

◆日本企業の現地採用を狙う

世界最大の経済大国アメリカへの輸出拠点として、また人件費の安さから、数多くの日本企業がメキシコに事務所をおいています。メキシコで仕事を見つけるには、このような日本企業の現地採用を狙うとよいかもしれません。

マツダやホンダの大工場ほか、日系の自動車部品メーカーも約100社以上がメキシコに進出しています。トヨタも工場建設を表明しています。このような現地の日系企業では日本本社との連絡などで日本語とスペイン語のできる日本人スタッフを常に必要としているのではないでしょうか。

一方、日本語スキルを必要としないメキシコ企業の仕事を探す場合は採用条件がもっと厳しくなるものと思われます。

◆メキシコでの就職活動とは?

お仕事

メキシコ企業で仕事を見つけるには、スペイン語に堪能で、専門分野での経験が豊富であることが求められます。メキシコ企業は実務経験があり、高度なスキルを持つ人材を求めています。

この場合、メキシコ人や他のラテンアメリカ諸国出身者との競争に勝たなくてはなりません。何を知っているかより誰を知っているかで仕事が見つかることもありますから、ソーシャルネットワーキングも仕事を探す上で非常に役に立ちます。メキシコで働いたことのある知人や友人とも積極的に連絡をとりましょう。

◆メキシコの労働環境は?

伝統的に、オフィスの従業員は午前8時頃から1時~2時まで働き、長いランチタイムを取ります。そして、午後4時頃から6時~7時まで仕事を続けます。これは、午前8時頃に出社し、簡単なランチをとって、午後5時~7時頃退社するという米国スタイルの影響を受けているように思えます。観光地では、週末や祝日などに働かなくてはならないでしょう。

法律では就労を開始してから1年経つと有給休暇を取れるようになります。有給休暇の日数は、就労開始後2年目に6日間、その後、毎年2日間ずつ増加します。年間7日間の祝日も休暇となります。

◆メキシコの求人に応募するには

求人に応募する際は、通常、履歴書・職務経歴書とカバーレターが必要です。一般的な形式は英文履歴書と同様です。応募用のアプリケーションフォームが用意されている場合もあります。履歴書・職務経歴書は、スペイン語で作成する必要があり、2ページ以内におさめるのがよいでしょう。

個人プロフィールや仕事の目的といったセクションは省いてもよいですが、これを利用して自分の知識と経験を簡潔に説明し、雇用主が求めているスキルとどのように一致するかをアピールすることもできます。必要な場合は写真を添付します。

◆インターンシップからチャレンジ

多国籍企業がメキシコ支社でインターンシップを募集していることがあります。メキシコの商工会議所を検索してみてください。インターンシップの詳細は、IAESTE(技術系業務経験に関する交換留学生のための国際協会)や「インターン・アブロード」から入手可能です。

メキシコでの仕事が無事にみつかるよう祈っています!